テラクオーレTOP  > Organic Beauty Journal  > ORGANIC TRENDS of Terracuore(オーガニックトレンド)

< 一覧へ戻る

乾燥ボディの強い味方。ボディオイルの力を120%引き出す方法とは
2016年11月15日(火)/テーマ:オーガニックジャーナル
夏場に比べて露出が減る冬は、ついボディケアを忘れがちになってしまうことがありませんか?
いくら服に覆われていても、フェイスと同じように湿度の低下・暖房下で身体も同じように乾いてしまっています。
そこで今回は、冬の乾燥に必須のボディオイルと、その効果的な使い方についてご紹介いたします。

オイル、ローション、クリーム?ボディケアにどれを選びますか?

ボディケアのアイテムは、ボディオイルをはじめボディローション、ボディミルク、ボディクリームなど様々。
でも意外とその違いは分からないまま、何となく選んで使っている方も多いのではないでしょうか?

その中で、冬のケアにおすすめすしたいのはボディオイル。その理由は大きく3つあります。

1. 保湿力が高く、浸透性が抜群
2. 伸びがよくマッサージを行いながらの使用に最適
3. ボディクリームとのW使いで保湿力アップ。潤い肌続く

オイルの特徴、保湿力や浸透性の高さはもちろんのこと、その伸びやすさからマッサージを一緒に取り入れることでゆるみやすいボディラインのケアにもつながります。

また、乾燥が特に気になる時には、ボディクリームで潤いを与え、オイルで閉じ込めるというW使いもおすすめ。
伸びの良さからお手持ちの固めのテクスチャのアイテムもやわらかく、お互いの良さを引き出しながら使い方の幅を広げることもできるのです。

冬の美ボディに、必須のボディオイル。そのオイルをより効果的に使うポイントをご紹介致します。


ベストタイミングは浴室で濡れたまま

お風呂から出てゆっくりとボディケアをする、そんな方は多いのではないでしょうか。
リラックスの意味では、間違いではありませんが、ボディオイルの効果を最大限に活かすのであれば、お風呂を出た直前の濡れたままでオンすることがベストとなります。

「濡れたままだとベタつきそう…」と思いがちですが、お風呂上がりで急激に乾燥していく前の柔らかくなったお肌に塗布すると、驚く程中に浸透するのを感じて頂けるはず。
あがったらそのまま塗るだけなので、忙しい中でも簡単にできるおすすめのケア方法です。

人肌に温めてオン

お風呂上がりに出来るだけ早く、といってもオイルが冷えてしまっていては、オイルの滑らかさや浸透性が損なわれてしまう場合がります。塗布する前に、手のひらで軽く閉じ込めて温めてからご使用いただくのがおすすめです。

一気に量を出して広げるのではなく、少しずつ手に出してパーツごとにケアしていくと、ムラなく均一に伸ばすことができ、油分をとりすぎを防ぐことができます。

お風呂あがりに濡れたままでオイルを塗るだけ。
そんな簡単なオイルケアを取り入れて、誰もが憧れる潤いに満ちたしっとり肌を目指してみてはいかがでしょうか?


テラクオーレ イベントチーム

テラクオーレ イベントチーム  (テラクオーレ イベント)
EVENT担当
テラクオーレイベント・オーガニックをテーマとしたパーティ・WEBサイトを企画する仕事をしています。
オーガニックの良さを伝えるため取り組んでいるテラクオーレの"オーガニック活動"について、担当スタッフならではのこだわりと小ネタを共に紹介して参ります!





TOPへ戻る